« 会津旅行4 料理旅館 田事 | トップページ | 姫路・城崎旅行 一日目(2010.3.9) »

会津旅行4 二日目(2009.10.25)

今回の会津旅行は、ずっと曇り空。
陽射しが強いのも疲れるけど、寒いのもちょっと体が強ばる感じで、シンドイです。
なので、とても快適な旅行日和(*^^*)
紅葉には、ほんの少し早かったけれど、各地で色づいていて、秋を感じました。

まず駅のコインロッカーに荷物を入れてから出発です。

こんなのあった(*^^*)
Aidu
町を歩いていたら見付けました。可愛い(*^^*)

ゆっくり歩いたことのなかった「大町通り(町方蔵しっく通りという愛称らしい)」を七日町方面へ。途中、「会津町方伝承館」で買い物をしたりしながらゆっくり散策。
七日町通りに突き当たったところで右に折れて少し行くと、「レオ氏郷南蛮館」があります。
ここの資料館は小さいながらも見応えがあります。
キリシタン大名だった蒲生氏郷(洗礼名:レオ)は、織田信長に才を見出され、信長の娘「冬姫」と結婚しました。信長死後、豊臣秀吉に仕え、数々の武勲を上げ会津の地を拝領しました。町の名を「若松」とし、鶴ヶ城を建築しました。お城の名は、氏郷の幼名「鶴千代」にちなんでいるそうです。茶の湯や和歌にも秀でていたそうで、40歳での死は無念だったと思います。

蒲生氏郷の辞世の句です。

限りあれば 吹かねど花は 散るものを 心短き 春の山風
(風など吹かなくても、花の一生には限りがあるので、いつかは散ってしまうのです。それを春の山風は何故こんなに短気に花を散らしてしまうのですか)

氏郷のお墓のある興徳寺に行きました。
Ujisato1Ujisato4  Ujisato5_2Ujisato2_2 Ujisato3
このお墓には遺髪が納められています。
京都の大徳寺黄梅院にあるお墓を発掘したところ、刀を抱いた状態で埋葬されていたことが判ったそうです。

キリシタン大名であった蒲生氏郷は、会津へも南蛮文化をもたらしました。
城下には教会(現在、天子神社となっているそう、今度行ってみたいです)が建てられ、家臣にもキリシタンが多かったそうです。
江戸時代に入ると、キリシタン弾圧が強化され、会津でもキリシタンが大勢処刑されました。処刑地へ向かう信者と家族が涙ながらに別れた場所は、現在「涙橋」と呼ばれています。処刑地には、キリシタン塚が建てられています。また各地にマリア観音が現存するそうです。
Kirisitan1 Kirisitan2

大分疲れてきたので、少しお茶をすることにしました。
中央通りにあるコーヒーのチェーン店に入ったのですが、ふと気が付くとちょっと驚きが。
お店の中のお客さんのほとんどが、勉強中の学生さんでした。
皆、静かに真剣に勉強しています。お国柄なのでしょうか…とっても刺激されました。
私も頑張らなくちゃ!

さてそこからまた歩いてお城まで!途中「お酒の試飲」なんぞしながら(^^;)向かいました。
今回は天守閣には入らずにお庭の散歩だけでしたけど、やっぱりお城は綺麗だな~と思いました。勇壮だし、気高いし、とにかく美しい(*^^*)
Oshiro1 Oshiro2 Oshiro3
そうそう、お城にこんなもの発見↓(*^^*)
大河ドラマだ!
Oshiro4
会津は、直江兼続ゆかりの地でもあるんですよね(*^^*)

2日間だと本当にあっという間に終わってしまいますね。
もっといたかったな~会津。
会津大好きです(*^^*)

これに乗って帰ります。
Akabe
さよなら、会津、また行きますね~(^^)/

今回の自分へのお土産。
Rimg0143 Shiori Omiyage Omiyage2
やっぱりあかべえは可愛いなぁ~(*^^*)

|

« 会津旅行4 料理旅館 田事 | トップページ | 姫路・城崎旅行 一日目(2010.3.9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26364/46751796

この記事へのトラックバック一覧です: 会津旅行4 二日目(2009.10.25):

« 会津旅行4 料理旅館 田事 | トップページ | 姫路・城崎旅行 一日目(2010.3.9) »