« 2009年9月 | トップページ | 2010年4月 »

会津旅行4 二日目(2009.10.25)

今回の会津旅行は、ずっと曇り空。
陽射しが強いのも疲れるけど、寒いのもちょっと体が強ばる感じで、シンドイです。
なので、とても快適な旅行日和(*^^*)
紅葉には、ほんの少し早かったけれど、各地で色づいていて、秋を感じました。

まず駅のコインロッカーに荷物を入れてから出発です。

こんなのあった(*^^*)
Aidu
町を歩いていたら見付けました。可愛い(*^^*)

ゆっくり歩いたことのなかった「大町通り(町方蔵しっく通りという愛称らしい)」を七日町方面へ。途中、「会津町方伝承館」で買い物をしたりしながらゆっくり散策。
七日町通りに突き当たったところで右に折れて少し行くと、「レオ氏郷南蛮館」があります。
ここの資料館は小さいながらも見応えがあります。
キリシタン大名だった蒲生氏郷(洗礼名:レオ)は、織田信長に才を見出され、信長の娘「冬姫」と結婚しました。信長死後、豊臣秀吉に仕え、数々の武勲を上げ会津の地を拝領しました。町の名を「若松」とし、鶴ヶ城を建築しました。お城の名は、氏郷の幼名「鶴千代」にちなんでいるそうです。茶の湯や和歌にも秀でていたそうで、40歳での死は無念だったと思います。

蒲生氏郷の辞世の句です。

限りあれば 吹かねど花は 散るものを 心短き 春の山風
(風など吹かなくても、花の一生には限りがあるので、いつかは散ってしまうのです。それを春の山風は何故こんなに短気に花を散らしてしまうのですか)

氏郷のお墓のある興徳寺に行きました。
Ujisato1Ujisato4  Ujisato5_2Ujisato2_2 Ujisato3
このお墓には遺髪が納められています。
京都の大徳寺黄梅院にあるお墓を発掘したところ、刀を抱いた状態で埋葬されていたことが判ったそうです。

キリシタン大名であった蒲生氏郷は、会津へも南蛮文化をもたらしました。
城下には教会(現在、天子神社となっているそう、今度行ってみたいです)が建てられ、家臣にもキリシタンが多かったそうです。
江戸時代に入ると、キリシタン弾圧が強化され、会津でもキリシタンが大勢処刑されました。処刑地へ向かう信者と家族が涙ながらに別れた場所は、現在「涙橋」と呼ばれています。処刑地には、キリシタン塚が建てられています。また各地にマリア観音が現存するそうです。
Kirisitan1 Kirisitan2

大分疲れてきたので、少しお茶をすることにしました。
中央通りにあるコーヒーのチェーン店に入ったのですが、ふと気が付くとちょっと驚きが。
お店の中のお客さんのほとんどが、勉強中の学生さんでした。
皆、静かに真剣に勉強しています。お国柄なのでしょうか…とっても刺激されました。
私も頑張らなくちゃ!

さてそこからまた歩いてお城まで!途中「お酒の試飲」なんぞしながら(^^;)向かいました。
今回は天守閣には入らずにお庭の散歩だけでしたけど、やっぱりお城は綺麗だな~と思いました。勇壮だし、気高いし、とにかく美しい(*^^*)
Oshiro1 Oshiro2 Oshiro3
そうそう、お城にこんなもの発見↓(*^^*)
大河ドラマだ!
Oshiro4
会津は、直江兼続ゆかりの地でもあるんですよね(*^^*)

2日間だと本当にあっという間に終わってしまいますね。
もっといたかったな~会津。
会津大好きです(*^^*)

これに乗って帰ります。
Akabe
さよなら、会津、また行きますね~(^^)/

今回の自分へのお土産。
Rimg0143 Shiori Omiyage Omiyage2
やっぱりあかべえは可愛いなぁ~(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会津旅行4 料理旅館 田事

前々回の会津旅行の時に宿泊した「料理旅館 田事」に、今回も泊まりました。
Tagoto
広々した2階のお部屋、檜のお風呂、そして食べきれない程のお料理。
どれも大満足でした。
宿の方のお話も楽しく、ゆっくりすることができました(*^^*)

お夕飯
Tagoto1_3 Tagoto2 Tagoto3 Tagoto4 Tagoto5 Tagoto6 Tagoto7
食事は1階の囲炉裏端で。
このお料理の数々に、ご飯とお味噌汁が付きます。
最後の写真はお肉なのですが、その前でもうかなりお腹いっぱい(^^;)
柔らかくて、とても美味しかったのに、ついに食べ切れませんでした。残念(--;)

朝ご飯
Tagoto8 Tagoto9 Tagoto10 Tagoto11
朝は定番のめっぱ飯です。今回は3人だったので、別々なものを注文し、3種類味わえました(*^^*)
左から、おかず、山菜めっぱ、鮭めっぱ、しらすめっぱです。
前の晩に注文を聞かれるのですが、夜のうちに仕込んでおくのだそうです。
炊きたてのふかふかご飯がとても美味しく、朝のお腹に優しかったです。
食後にはコーヒーが出ました(*^^*)

それにしても、たくさん食べました(ふ~)
3人とも体の厚みが増したところで、2日目出発です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会津旅行4 一日目(2009.10.24)

会津への旅も4度目です。
正確に言うと5度目ですが、遠~い昔の中学生の頃で(^^;)
白虎隊記念館に誠の袖章がある理由すらわかっていませんでした。

091024_09130011
会津磐梯山~磐越西線の車中から~

今回は母と妹との3人旅。なのでムリせずゆっくりと街中散策をしました。
定番の鶴ヶ城天守閣(お庭は散歩しました)、飯盛山、そして天寧寺の近藤さんの墓所もパスしました(^^;)
その分、自分の足で街中をたくさん歩いたので、会津の町により親しみを持てたような気がします。

まずは今回の一番の目的、小田山へ。
まちなか周遊バス「ハイカラさん」の会津風雅堂前停留所で下車し、歩いて行きました。
いざ登り始めようとした時、「クマに注意!」という注意書き発見!
どうやら、今年7月に小熊が目撃されたようなのです。
3人で散々躊躇したあげく、「でもっでもっ7月以来出てないワケだし、大きなニュースにもなってなかったし…」ということで、勇気を出して進むことに(^^;)
山登りする時には鈴鳴らすよね…となり、携帯の着メロを鳴らしながら(^^;)歩きました。
Odayama1_2
小田山の登り口案内板
Odayama2_2 Odayama3_4 
西軍砲陣跡

Odayama4
砲陣跡から見た鶴ヶ城です。約1,600M。
ここからお城に向かって、ひっきりなしに砲弾が撃ち込まれました(T_T)
当時の砲弾は、落下してから爆発するまでにほんの少し間があったそうで、城内の婦女子は、落ちてきた砲弾に濡らした布団等を被せて爆発を止めていたそうなのですが、タイミングもあり、布団もろとも吹き飛ばされて亡くなった方が大勢いたそうです。

本当はゆっくりと余韻に浸りたいところだったのですが、何せクマの恐怖があって(^^;)そそくさと降りてきてしまいました。できれば山頂まで登り、小田山城址や田中玄宰墓等にも行きたかったのですが、残念です。

さて次は善龍寺へ、少し遠回りながら表の道をてくてくと…(^^;)
Zenryuji1_3 Zenryuji2_3 
善龍寺山門
           
Zenryuji4_2  Zenryuji3_4 Zenryuji5_2
西郷頼母の墓

西郷頼母さんは、先見の明があった方だと思うのですが、時局の流れには逆らえなかったのですね。
もし藩祖保科正之の「会津藩家訓十五か条」第一条、

「大君の儀、一心大切に忠勤を存ずべく、列国(諸藩)の例を以て自ら処(お)るべからず。若し二心を懐かば、即ちわが子孫にあらず。面々決して従うべからず。」
(会津藩たるは将軍家を守護すべき存在であり、藩主が裏切るようなことがあれば家臣は従ってはならない)

に逆らって、松平容保様が京都守護職拝命を拒否していたら…
あっ、そうしたら家臣が付いて来ませんね…歴史に「もし」はないのでした(T_T)

同じ善龍寺境内にあるなよたけの碑へ
Nayotake4_2 Nayotake3 Nayotake1

碑名は西郷頼母の妻千重子の辞世の歌
「なよ竹の風にまかする身ながらもたわまぬ節はありとこそ聞け」
から取ったものだそうです。
か弱い婦女子の心をたわまぬ竹の節になぞらえながら、会津婦女子の精神の強さをうたっています。碑には、戊辰戦争で散った233名の婦女子の名が刻まれているのですが、名が判っている…というだけで、実際はもっと多くの婦女子が命を落としました。
西郷家は、頼母の母律子、妻千恵子など家族9人と一族12人が戦いの足手纏いとならないようお城近くの自邸で自刃し果てました。

ここまで来て、お腹がすいていることに気が付き(^^;)
途中で見かけたうどんのチェーン店に入りました。ちょっとゆっくり(*^^*)

お腹も満足したところで、会津風雅堂からまたバスに乗り、飯盛山近くまで行きました。
次の目的地は、妙国寺です。ここは飯盛山で自刃した白虎隊士が仮埋葬された所です。
Myokokuji3 Myokokuji5 Myokokuji6 Myokokuji2 Myokokuji4
白虎隊の少年達は、自刃後数ヶ月放置された後、ここに葬られました。
少し見づらいのですが、「白虎隊士之霊」の上には「殉節」と刻まれています。
当時、いわゆる西軍は幕府軍の遺体を埋葬することを禁じていました。
たくさんの遺体が町中に放置されたままでした。
新選組三番隊長斎藤一さんのお墓のある阿弥陀寺に、多くの遺体が葬られています。
Amidaji1 Amidaji2
阿弥陀寺にあるお墓です。

ここで今日の予定終了!
七日町通りに戻って、お店をいくつか見て歩き、宿泊する「料理旅館 田事」に向かいました(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2010年4月 »