« 2009年11月 | トップページ

姫路・城崎旅行 四日目(2010.3.12)

最後の一日。
まずは朝ごはん(*^^*)
Rimg0137

お昼過ぎには帰らなくてはならないので、午前中はお土産を選んだり、街中散策をしました。

またまた桂さん(^^;)
Rimg0117 Rimg01451_2 Rimg0144 Rimg01461
こんなところにいたのですね。
新選組に教えてあげたい(^◇^;)

途中休憩で食した、但馬牛の焼き鳥。
Rimg0147

楽しかった4日間、終わっちゃった~
みつわさん、お世話になりました(*^^*)
Rimg0139 Rimg0150
素敵な町でした(*^^*)

おまけ(^^;)
途中乗り継ぎの京都駅で見つけたお弁当。
Rimg0154 Rimg0155 Rimg01571_2
幸せだった(*^^*)

思い切って行った今回の旅行。
たぶん一生忘れられない旅になると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姫路・城崎旅行 三日目(出石)(2010.3.11)

城崎温泉駅から二駅、豊岡駅に降り立ちました。
出石へはここからバスで約30分(^^;)かかります。
Rimg0084_2

バスの停留所で、「出石散策絵図」をゲットし、出発!
まずは出石城跡です。
Rimg0085 Rimg0087 Rimg0086 Rimg0089
昭和43年に隅櫓を復元、その後、登城門、登城橋が建設されたそうです。

お城跡からの眺め(*^^*)
Rimg0088

てくてく歩いて、弘道館跡へ。
Rimg00941_2 Rimg00911_2 Rimg00921
どこの国にも、こういう場所ってあるのですね。
昔の人達って、本当に勉強熱心だったのだなって感心します。

落ち着く風景です(*^^*)
Rimg0095

良いお天気の中、気持ち良く歩いている最中、ちょっと町の人に道を尋ねました。
とても親切に教えていただき、暖かい気持ちになりました(*^^*)

出石明治館です。
Rimg0098 Rimg0097_2 Rimg0096
中で出石の歴史をまとめたビデオを見せていただきました。
但馬の小京都といわれる出石の歴史を知ることができて良かったです。

そろそろお腹がすいてきましたが、時間が心配でとりあえずゴハンは後に(^^;)
お土産屋さんが立ち並ぶ大手前通りは大賑わいでした。

Rimg00991
大手門脇にある「辰鼓楼」
この時計は3代目だそうです(*^^*)

こんなところに桂さん!
Rimg01051 Rimg01061_2
桂小五郎潜居跡「廣江屋跡」です。
時期は、池田屋、蛤御門の変(禁門の変)の後ですね。
桂さんも大変だったのですね(^^;)(^^;)

Rimg01091 Rimg0108
おりゅう灯籠です。
悲恋物語ってどんなお話なのでしょう・・・

おりゅう灯籠からバス停留所まで戻る道の途中にある、
出石永楽館に行ったのですが、この日は閉館日でした。
近畿最古の芝居小屋だそうで、平成20年に改修され甦り、
今でも公演が行なわれています。

たくさん歩きました~
バス停留所近くまで戻り、少しお土産物屋さんを見て、
そして、バス出発までの少しの時間で、出石名物「皿そば」を食べました。
Rimg0110
一人5皿です。
もっと食べたい人は一皿ずつ追加します。
麺がシコシコで、おつゆも美味しかったです。
そば湯もホッとして嬉しかった~

さてさて、また30分バスに乗り、電車二駅で城崎に戻ってきました。
そしてまた温泉めぐり~
今日は、宿の浴衣を来て巡りました。歩きなれないゲタを履いて、
カラコロ歩くのも風情があって楽しかったです。

まずは「まんだら湯」。
(一生一願の湯・商売繁盛・五穀豊穣)
寺院風の屋根に特徴があります。
Rimg0115
宿からは2番目に遠いところにあるお風呂でした。
ちょっと裏道を歩いて行ってみたのですが、
小さい川のほとりに建つ家々には、それぞれ玄関までの小さな橋が架かっていて、
何とも風情がありました。
ここには檜造りの露天桶風呂がありました(*^^*)

次は「御所の湯」。
(美人の湯・火伏防災・良縁成就)
ガラス張り天井のお風呂。
Rimg0123 Rimg0124
夜だったから、ガラス張りになっていても、あまり景色は見えなかったな~(^^;)

三つ目、「一の湯」。
(開運・招福の湯・合格祈願・交通安全)
洞窟風呂があります。
Rimg0125 Rimg0127 Rimg0140
洞窟風呂は・・・狭~い感じかなぁ~と思っていたら、結構天井も高くて広かったです(^^;)

ラストは「さとの湯」。
(ふれあいの湯・自然回帰)
駅のすぐそば。お風呂が三つありました。
Rimg0130 Rimg0151
ここは7つの中で一番大きかったです。
展望風呂や、ドライサウナ、ライオンの口からの打たせ湯など、
楽しめるお風呂でした(*^^*)

お風呂制覇!\(*^^*)/

不思議だったのは、意外に若い子の団体が多かったこと。
特に若い男の子の団体(^^;)
人気があるのか・・・(^◇^;)

今晩は宿はみつわさんでしたけど、素泊まりをお願いしました。
二日間宿のお食事は、お腹苦しいですから(^^;)

なので夜はこれ(*^^*)
Rimg01351
宿の近くの屋台で購入。
但馬牛の肉まんと、一の湯カクテル(桜風味)とプリン(*^^*)
温泉三昧のあとのほっこりした時間に幸せなお夕飯でした。

あ~3日目も終わってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姫路・城崎旅行 城崎温泉 お宿 みつわ

城崎温泉では、「お宿 みつわ」さんに宿泊しました。
城崎温泉駅やお土産屋さんにも近く、とても便利でした。

待ちに待ったお夕飯です!
カニ料理と、但馬牛料理を選べるのですが、冬なのでカニにしました(*^^*)

Rimg0073 Rimg0074 Rimg0075 Rimg0077 Rimg0079
カニだらけ、カニ三昧です(*^^*)
焼きカニから始まり、ラストはお雑炊!
お刺身も美味しかった~
大満足(*^^*)
食べ切れなくて、少し残してしまったのが心残りかな(^^;)

お腹が落ち着いたあたりで、みつわさんの内湯にも入り、
温泉三昧、幸せな一日でした。

ぐっすり眠った後の朝食です。
Rimg0080

さて今日はどこに行こうかなと思っていたら、
宿の仲居さんから「出石」を薦められました。
早速出発です!
Rimg0083

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姫路・城崎旅行 二日目(2010.3.10)

さて二日目です(*^^*)
雨は大分小降りにはなりましたが、まだ降っています。
昨晩関東は大雪だったみたいで・・・日本中大荒れですね。

今日は午前中いっぱいしか姫路にいられないので、
ちょっとした散策にしました(*^^*)
まずは、昨日観光案内所の方に教えていただいた場所へ。

姫路駅から大手前通をお城に向かって歩いて行くと、
お城に程近いところに「イーグレ姫路」というビルがあります。
この屋上から姫路城が一望できるというのです!

早速屋上へ!
Rimg0052
素晴らしい眺めでしたよ~\(*^^*)/感動!

しばし眺めた後で、お城の裏手にある「兵庫県立歴史博物館」に行きました。
この建物は丹下健三さんがお城をイメージして設計されたそうです。
Rimg0065 Rimg00661_2
「ミニチュアの世界」という企画展をやってました。
一つ一つ丹念に作られていて、本当に小さいのに本物そっくりな作品の数々。
見応えありました~

さてさて・・・
お昼過ぎの特急で城崎温泉へ、なんと2時間半もかかりました。
お天気もやっと晴れてきたというのに、途中まさかの大雪(@@)
城崎に着いた時は雨でした(^^;)

まずは旅館へ!
今日から二日間の宿は「みつわ」さんです。
朴訥とした感じのご主人の出迎えにホッと心和ませ、しばし休憩しました。

城崎温泉の名物は、「外湯めぐり」です。宿泊者は7つある外湯にすべて入ることが出来ます。
お夕飯の前に入ろうということで、出発!

一つ目は、宿から一番遠いところにある「鴻の湯」。
(しあわせを招く湯・夫婦円満・不老長寿)
1400年前、コウノトリが足の傷を癒したと伝わっているそうです。
Rimg00701
庭園露天風呂がありました。本当にお庭の中に露天風呂がある感じ。
広くて気持ち良かったです。

二つ目は、「柳湯」。
(子授けの湯・子授安産)
中国の西湖から移植した柳の木のしたから湧き出したそうです。
Rimg0072
ここはお風呂は少し狭ったのですが、お湯が一番熱いそうで、
実際熱かったです(^^;)でもこのこじんまりさも良かった(*^^*)

三つ目は、「地蔵湯」。
(衆生救いの湯・家内安全・水子供養)
泉源から地蔵尊が出たという伝説があります。
Rimg01121
打たせ湯がありました。
湯舟の横に、石版のような物が何本か立っていて、
なんかそれが墓石のように見えてしまいました(^^;)

さて~今日も終わり。
あとは楽しいお夕飯です!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

姫路・城崎旅行 一日目(2010.3.9)

姫路と城崎に行ってきました!
母、妹と3人で・・・(*^^*)

朝早く、東京駅から「のぞみ」に乗っていざ出発。
「のぞみ」に乗るのは何年振りかしら・・・
このところ、ずっと東北新幹線ばかりだったから(^^;)

姫路まで一直線です。
関東では降っていなかった雨も、姫路に近付くにつれポツポツと・・・
そして、お昼少し前に到着したときは、かなり降っていました(T_T)
私、晴れ女のはずなのになぁ~

気を取り直して、まずは姫路駅観光案内所へ。
雨の中お城まで憂鬱だな・・・と思っていたら、
お城の近くまで、屋根があるアーケードを歩いていけると教えていただきました。
案内の方がとても親切で、感謝です(*^^*)

まずは宿泊するホテル「コンフォートホテル姫路」へ荷物を預けに行きました。
身軽になったところで出発!

ここでちょっと「あちゃ!」な出来事が・・・
私、運動靴(というか少しおしゃれめな紐靴)を履いていたのですけど、
防水スプレーをかけていなかったために、滲みてきて足が冷たい!
でも仕方ない・・・(--;)そのまま出かけました。

お城の近くまで来て、まずは腹ごしらえ(*^^*)
卵かけごはんのお店があったので入りました。
美味しくいただきました(*^^*)
 
Rimg00021 Rimg00141 
さてお城。
姫路城は今年の4月から大天守の修理が始まるので、
しばらく登閣できなくなってしまうのだそうです。

Okiku_2 Rimg00151 Rimg0017_2 
天守閣へ行く途中、ちょっと横にそれた所にある「お菊井戸」。
「播州皿屋敷」のモデルになったお話です。
覗いてみましたが、とても大きく深くて、ちょっと怖かったです。

Rimg0029_2 Rimg0028_2 Rimg0030_2 
天守閣の中。
お城というものは、住居ではなく、戦う場所なんだなと実感しました。
戦になった時のための工夫が随所にありました。
でもやはり戦国のお城。
幕末時の戦いよりは、少しのんびりした感があります(*^^*)

Rimg00241_4   Rimg0025_2

最上階にある神社。
平日にも拘らず、たくさんの方が登閣されていて、賑わっていました(*^^*)

Rimg0026_2 Rimg0027_3 
お城からの眺めです(*^^*)
雨で曇っていたのが残念ですけど、やはりとても良い景色でした。
お殿様は毎日ここから眺めていたわけではないのでしょうけど、
自分が治めている国を眺めるのは気持ち良かったでしょうね~(*^^*)

Rimg0037_2 Rimg0033_2 Rimg00361_2
とりあえず降りてきました(^^;)
私達が登り始めた頃よりも大分人が増えてきました。
やはり世界遺産だけあって、訪れる人も多いですね(*^^*)

次に行ったのが西の丸。
雨が本降りで・・・西の丸の写真を撮るのを忘れてしまいました~(--;)
Rimg0040_2 Rimg00411_2 Rimg00421_2 Rimg00431_2
西の丸には長局(百間廊下)があり、片側にたくさんの小部屋がありました。
当時、ここにはたくさんの女性が住んでいたそうです。
徳川秀忠の長女千姫ゆかりのお部屋がありました。

今日は姫路城を見るだけで精一杯でした。
でも見応え充分でその大きさに圧倒されて、大満足でした(*^^*)
Rimg00481_3
ホテルは素泊まりなので、夜のゴハンは駅近くの飲み屋さんに行きました。
そこは、活きの良いお魚が評判のお店だったのですが、
初めての経験・・・
Rimg0049_2
しゃこのお刺身です。
私、お寿司大好きなのですが、しゃこだけは苦手なんですね(^^;)
でも、お刺身はとても珍しいので挑戦しました。
やっぱりちょっと気味悪かったのですけど、
味はとろける感じで、ちょっと甘くて、とっても美味しかったです(*^^*)

足は冷たいし、雨でちょっと疲れたけど、良い一日でした~(*^^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ